【予約受付開始】66 Chair minä perhonen series 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

66 Chair minä perhonen series 3

reflection – リフレクション -

 

フィンランドと日本が外交関係樹立100周年を迎える2019年春、

フィンランドのアルテックと、日本のファッション&テキスタイルブランド、ミナ ペルホネンのコラボレーションによる

新たなシリーズ「66 Chair minä perhonen series 3」が登場します。

 

2017年より始まった「Stool 60 minä perhonen series」 2つのシリーズに続く

3シーズン目の「66 Chair minä perhonen series 3」は、

ミナ ペルホネンの生地「dop」のtambourineとchouchoを纏ったダイニングチェア「66 チェア」を初めて展開します。

 

 

今回のシリーズは、「reflection – リフレクション– 」というコンセプトをもとに、

家の中まで柔らかな春の光で満たされる4月に馴染む優しい6種類の色合いを、

ミナ ペルホネン、デザイナー皆川 明が選びました。

 

座面と脚のカラーの組み合わせとコンセプトについて、皆川 明はこのように語っています。

「色の互いの特性が響きあい反応しあうような色を今回は選びました。

そのことで色の持つリズムが響き合い、楽しげな雰囲気が生み出されます。」

 

 

66 Chair minä perhonen series 3

価格:¥59,000(税抜)

販売開始:2019年4月1日(月)

※先行予約受付中。

 ご予約分だけで売り切れる場合がございます。ご了承ください。

 ご購入をご希望の場合はお早目のご予約をおすすめいたします。

1. choucho ブラック/脚:ホワイトラッカー

2. choucho オレンジ/脚:ハニーステイン

3. choucho ライトグレー/脚:ペールブルーラッカー 残1脚

4. tambourine ピンクベージュ/脚:グリーンラッカー 残1脚

5. tambourine インディゴ/脚:レッドラッカー 残1脚

6. tambourine ブルー/脚:セージグリーンラッカー 残1脚

 

ご予約・お問合せ

メール: smw@trekantet.jp  / 電話: 082-511-3399

 

 

 


 

アルテックとミナ ペルホネンとの親交

2008年のアルテックの展覧会にまで遡ります。

ミナ ペルホネンのデザイナー、皆川 明は、アルテックの展覧会のために、

ユニークピースとしてアルヴァ・アアルトのスツール60をデザインし、

さらに同年の横浜トリエンナーレでも、ミナ ペルホネンのアーカイブの生地が張られたスツールが展示されました。

 

それからも、ドムスチェア70周年のアニバーサリーポスター、

ヘルシンキとベルリンのアルテックストアでのミナ ペルホネンポップアップストアなど、

両ブランドの親交は途切れることなく続いてきました。

 

アルテックとミナ ペルホネンはともに「本当の豊かさ」が日本に息づき、

私たちの日々の暮らしがさらに美しく彩られることを願っています。

 

「66 Chair minä perhonen series 3」は、

2019年4 月よりアルテック取り扱い店舗およびオンラインショップとミナ ペルホネン一部直営店、店頭にて一般発売を開始します。

 

 

minä perhonen(ミナ ペルホネン)

 

1995年にデザイナー皆川 明により設立されたブランド。

自然の情景や社会への眼差しからデザインを進め、日本各地の生地産地との連携により生み出されるテキスタイルが特徴です。

衣服に始まり、インテリアへとゆるやかにデザインの幅を広げながら、

時の経過と共に愛着の増すもの、日々に寄り添うものづくりを目指し、

金沢21世紀美術館や東京スカイツリーなどのユニフォームデザインも手がけています。

 

photo by Hua Wang