Vitra 「Home Office Campaign 2017」 / 2017年10月1日(日)-10月31日(火)

Vitra 「Home Office Campaign 2017」 / 2017年10月1日(日)-10月31日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働くことと暮らすことが近づきつつある現代

情熱を絶やさず仕事に向き合うために

何を選び、どんなワークスペースを作るのか

オフィスチェア、テーブル、デスクを彩る小物たち

働くことへの想いを映し出し#workspiritを刺激する

あなただけの「ホーム オフィス ストーリー」

 

 

ヴィトラ ホームオフィスキャンペーン

期間  2017年10月1日(日)~10月31(火)

 

対象のオフィスチェアをご購入の方に1脚につき、

お好きなカラーのツールボックスを1個 プレゼントいたします!

 

ヴィトラのオフィスチェアの新作「パシフィックチェア」・「AM チェア」が展示入荷します。

ぜひこの機会に足をお運びください。

 

 

[開催期間] 2017年10月1日(日)~10月31日(火)

[特典] 対象のオフィスチェアをご購入の方に1脚につき、お好きなカラーのツールボックスを1個プレゼントします。

[プレゼント対象となるタスクチェア]

・Standard(一部カラー/仕様は国内在庫品)

・Standard SP(同上)

・Standard SR (受注生産品)

・Fauteuil Direction(受注生産品)

・Fauteuil Direction Pivotant(一部カラー/仕様のみ初回入荷予定あり。初回分完売後は全て受注生産品)

・Tip ton(全8カラー国内在庫品)

・Physix(全2カラー国内在庫品)

・Allstar(一部カラー/仕様は国内在庫品)

・AM Chair(一部カラー/仕様は国内在庫品)

・Pacific Chair(一部カラー/仕様は国内在庫品)

 

 

ヴィトラのホームページ上の特設サイト vitra.com/taskchairs では、

オフィスチェアの歴史と機能性の仕組みをご覧いただける他、

コンフィグレーターでカラーや仕様を選び、お好みの一脚をバーチャルで作ることができます。

 

 

 

 

パシフィックチェア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細部まで計算しつくされた精密さと、空間への優れた適応性それがエドワード・バーバーとジェイ・オズガビーが手掛けるデザインの最大の特徴といえます。彼らは、当たり前のように日常に存在するもの、そして、私達がそれらをどのように使っているのか、ということにもっとも興味を寄せ、常に注意深く観察しています。彼らのデザインが一見控えめでありながらも、誰しもがふと手に取ってしまう魅力を放ち、自然に私達の日常に溶け込んでいく理由はそこにあるのかもしれません。シンプルでグラフィカルなデザインに新鮮な配色を施すバーバー&オズガビーの個性はそのままに、ヴィトラは2016年のオルガテックで、彼らにとって初めてとなるオフィスチェア「パシフィックチェア」を発表しました。

 

パシフィックチェアは「タスクチェアとしての完全な機能性」と「穏やかなデザイン」という2つコンセプトの調和を目指して開発されました。パシフィックチェアを形作る部品の一つひとつにまで、エドワード・バーバーとジェイ・オズガビーのデザイン哲学が貫かれ、明瞭でシンプルなデザインとして昇華されています。機械的な構造が外見からはまったく見えない背もたれが、パシフィックチェアの「穏やかなデザイン」を象徴しています。そのすっきりとしたシルエットとシンプルなデザインは、あらゆるインテリア空間に自然に溶け込みます。

「私達にとって、現代的なオフィスチェアとは、レバーや機械的な装置を集積したような存在でした。パシフィックチェアを開発する際に一番大切に考えたのは、これらの要素を、出来る限り見えないようにデザインすることでした。その結果、機能性をよりシンプルに削ぎ落とし、優しく波打つ穏やかな太平洋のように静かで落ち着いたデザインとして完成しました。」エドワード・バーバーはそう語ります。

機械的な要素を覆い隠すような背もたれと肘掛けのコンビネーションは、パシフィックチェアの直線的でグラフィカルなデザインをさらに印象づけます。肘掛と座面の間にはゆったりとしたスペースが広がり、長時間に渡る会議の最中に体勢を変えたり、横を向いて座ったりすることできる自由さを与えています。同時に、パシフィックチェアは、その豊かで穏やかなデザインの中に、人間工学に基づいた高い機能を備えています。座面の下に隠されたメカニズムにより、腰掛ける人の重さに合わせ、背もたれのリクライニングが最も心地よく感じる強度に自動調整され、さらに細かく自分好みに調節することができます。パッドの入った背もたれは三段階の高さから選ぶことができ、控えめで上品なアルミニウムのベースや肘掛に合わせて、鮮やかなカラーと落ち着いたカラーのグループから選ぶことができます。

「ヴィトラとともに開発したパシフィックチェアは、私達にとってオフィスチェアという新しい分野への挑戦でした。座る人にとっての快適性を実現する機能を追及したいという想いから、ゆったりと座ることができるデザインと、座っている間の腰の負荷を減らすため、背もたれの細かな上下の調節もできるように工夫を凝らしました。」ジェイ・オズガビーはそう説明しています。

 

2016年のオルガテックで発表されたパシフィックチェアは、2017年夏、日本での発売を迎えます。

 

 

 

 

AMチェア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイナーであり、同時にエンジニアとしても経験を積んできたアルベルト・メダは、論理的な観 点からデザインされた普遍的なチェアを生み出すべく、長年試行錯誤を繰り返してきました。2016年のオルガテックで発表した「AMチェア(エーエムチェア)」は、エンジニアとしての経験と技術を余すことなく詰め込んだ、アルベルト・メダらしい機能美をたたえています。

「AMチェアは、軽量かつ極めてシンプルなデザインであると同時に、あらゆる使い方に対応で きる調節機能を備え、腰掛ける全ての人に快適な座り心地をもたらします。外からはその複雑な メカニズムが見えないよう配慮し、あくまでもすっきりとしたデザインにまとめています。」アルベ ルト・メダはそう語ります。

高い機能性を備えた背もたれなど、オフィスチェアが必要とする機能を全て備えながらも、プラス チック製フレームとメッシュカバーを合わせたAMチェアの軽やかなデザインは、構造上の無駄 を一切取り除いた姿であるといえます

価格的な側面からもチェアは、今日のオフィスに取り入れやすいように考えられています。 「私達は長い時間をかけて、技術を研ぎ澄ませることに注力してきたため、価格面においても無駄を省き、オフィスチェアとして買いやすい価格設定を実現することができました。」とアルベル ト・メダは語ります。

人間工学に基づいて設計されているAMチェアは、座っている間も人の身体にとって健康的な 姿勢を促します。さらに細かい調整も手動で簡単に行うことができるため、長時間のデスクワー クに理想的なオフィスチェアであるといえます。その一方で、特別な調整はしなくても、重さに合 わせ背もたれが自動調節され、腰掛ける誰もが快適さを実感することができるため、あらゆる人 が働き、短時間で入れ替わっていくフリーアドレスのオフィスにも適しています。

 

AMチェアは、2017年夏、日本での発売を迎えました。